現物取引と比較してFXで資産運用する利点とは

FX投資は一定量の外貨や日本円を借りることで、証拠金にたいして何倍もの資金を動かすことができます。例えば、10万円の証拠金を預けて25倍のレバレッジで取引をすれば、250万円分の資金を売買して為替差益を得ることができます。FXの利点は、単に証拠金以上の資金を動かすことができるだけではありません。


手持ちの日本円で為替取引を行って資産運用をしたい場合に、日本円の価値が下落(外貨の価値が上昇)している局面であれば、外貨を購入して日本円に対して外貨の価値が上がるまで待つことができます。外貨の価値が上がった(円の価値が下落)時点で外貨を円に買い戻すことで、為替差益を得ることができます。逆に、日本円の価値が上昇している(外貨の価値が下落)場合は、現物取引であれば何もすることができません。日本円の価値が上がってから下降を始めるまで待たなければなりません。すなわち現物取引であれば、日本円が下落する局面でしか利益を得ることができません。


FX取引では、外貨を借りて取引を行うことができます。例えば日本円で資産運用する場合でも、借りた外貨を借りて売却することができます。日本円が上昇する局面で外貨を借りて日本円を購入しておき、円高になった時点で外貨を買い戻して外貨を返却すれば、日本円が上昇した分だけ利益となります。


FX投資では日本円の価値が下落している時だけではなく、上昇している局面でも為替差益を得ることができるというメリットがあります。現物取引(外貨預金)は“片道通行”の投資ですが、証拠金取引では“両側通行”の投資ができることになります。長期的に見ると日本円と外貨の価値が一定でも、交換レートは波を打つように変化します。すなわち、「上り坂」と「下り坂」の両方を効率良く利用して、利益を得ることができることになります。


FX投資をスタートする際に日本円の価値が下落している場合だけでなく、上昇している時も売りから入ることですぐに投資を始めることができます。

株式投資による資産運用で老後の支えを作る

日本は少子高齢化が進行し、人口が減少する時代になりました。今後は経済規模も縮小することが予想されます。経済規模が縮小すると政府の税収も減るため、将来の医療制度や年金制度も不安があります。このような時代に対応するためには株式投資などによる積極的な資産運用が必要です。日本の経済が右肩上がりだった時代には人口も多く社会保障制度も充実していました。しかしこれからが誰もが積極的な資産運用により老後の支えとなる資産を作る時代となります。銀行や郵便局への預貯金にはリスクが小さいという特徴があります。一方で金利が低いため大きな利益を期待することはできません。老後の支えとなる資産を作るためにはある程度のリスクを許容して株式やFXなどに投資する必要があります。


株式投資は個別企業を対象としますが、証券取引所に上場している企業の数は3000社以上です。効果的に投資を行うためには企業や業界に関する情報、財務・会計などに関する知識が重要になります。株式への投資は数万円から行うことができ、1日の値動きは1%から30%程度とされます。売買による利益以外にも配当金や株主優待という形で利益を得ることができます。


実際に株式の取引を行う場合には現物取引信用取引があります。信用取引では証券会社に預けた資産の3倍までの取引が可能です。また買い注文だけでなく売り注文から取引に入ることもできます。信用取引で買い注文を行う場合には証券会社から資金を借ります。一方売り注文から取引に入る場合には有価証券を借りて行います。信用取引では大きな利益が得られる可能性がある一方で損失も大きくなる可能性があります。初心者のうちは倍率を小さくすることが重要です。買い注文と売り注文を同時に出せばリスクを回避することができます。この場合でも株主優待による利益を得ることは可能です。証券市場では1日に1%から30%程度の値動きがありますが、リスクを回避して資産運用を行うならば長期的な視野に立って投資を行うことが重要となります。

金地金を効果的に運用するためにluster lakeを利用するメリット

金は非常に資産価値が高いものと言われています。現代の資産の多くは通貨の形で保有されているものが多いのですが、近年の社会情勢の不安定さから通貨の価値は日々刻々と変動し、その価値を安定して保つ事は難しいものとなっています。近年ではビットコインなどが登場しその資産価値が注目されていますが、実体のない通貨であるためその価格に対して懸念を示す人も多く、近年ではその変動幅も非常に大きくなっています。そのため、金を利用した資産運用が改めて見直されています。

しかし、金地金を効果的に運用するためには、日本国内で運用するよりも海外で運用した方が良いと言う口コミがインターネット上で広く寄せられています。その理由として、日本国内では金地金は資産として扱われ、その資産に対する税金や様々な費用がかかることが挙げられています。一方、海外で金地金を運用する場合、その地域によっては税金が優遇されているところもあるため、運用の方法によっては効率よく高い利益を上げることができるのです。

luster lakeはこの点に着目し、金地金を利用した効率的な資産運用を提案する会社として最近話題になっています。国内で購入した金を海外の提携する金融会社に貸し出すことで、その金融会社で運用した利益を所有者に還元すると言う仕組みであるため、国内で所有する場合に比べ定期的に運用利益が入ってくることや効率よく運用ができる点が大きな話題となっているのです。

luster lakeが行う金地金の資産運用は、これまでも行われてきた方法ではありますが、これまではその運用方法についてしっかりとチェックできないケースも少なくありませんでした。luster lakeにはリスクを必要最小限に抑えるため、運用先の金融会社の業績や運用方法をチェックすることで、そのリスクを最小限に抑えています。基本的に資産運用はリスクが伴うものであり、自らその情報をチェックしリスクをできるだけ回避することが重要です。その面ではluster lakeは口コミにおいても評判が高く、しっかりとリスク回避を行いながら利用することで利益を得られる可能性も高い投資方法として評判です。

FXを利用した資産運用の方法

資産運用の方法としてFXがあります。世間的にはギャンブルという見方も多く、危険であると言われていますが、これは仕組みを良く理解せずに無理な投資を行った結果として大きな損失を被るものです。どのような投資でも共通して言えることなので、FXだけが危険性の高い資産運用と言うことではありません。


FXの仕組みとしては業者に口座開設を依頼して取引に使用する証拠金を入金します。実際の取引では「買い」や「売り」に注文が成立しただけではまだお金は動いておらず、決済したときの差額を受け取る、または支払います。そのため、証拠金よりも高い金額で取引を行うことができ、これをレバレッジと呼びます。最大で20倍にまですることができ、短期間で多くの利益を得られる可能性がありますが、損失に関しても同様になります。これを理解せずに高い倍率で取引をすることで大損する危険性があります。なお、相場の下落によって証拠金を上回る損失が出てしまわないようにロスカットと呼ばれる仕組みがあり、損失が一定の割合を超えると強制的に決済が行われます。原理的には相場変動の激しい通貨で倍率を高くし過ぎると決済が成立せずに、証拠金を超える損失が出てしまうこともありますが、無理のない取引をしていれば失敗した場合でも損失は証拠金の範囲に収まるので、全財産を失ってしまうような危険性はありません。


利益を出す方法としてはデイトレードなどの短期取引があります。これは主に為替相場の変動による差益を得るもので、決済の際に発生する手数料に相当するスプレッドが狭い通貨や業者を利用します。


金利差を利用した長期保有も行うことができ、この場合はスワップの高いものを利用します。長期保有の場合、レバレッジを1倍にすると実質的に外貨預金になりますが、スワップの高い業者であれば金利面で有利になることが多く、手数料も安い、自由に決済できるなど、FXを利用した方が利便性が高くなります。

FXの自動売買で資産運用を図る

歴史的な低金利が続く現代の日本では、大金を銀行に預けてもほとんど利息がつかず、貴重な資産を眠らせるだけになります。そこで、近年では、銀行に預けている資産の一部を投資に回して資産運用を図る人が増えつつあります。


ただ、これまでに資産運用などしたことのない場合、金融や経済に関する知識や経験がなく、投資への一歩を踏み出すことを躊躇する人も多いです。もちろん、どのような金融商品でも経験がある方が有利ではありますが、経験のない方でも簡単に取引可能なものもあります。その1つがFXの自動売買です。


FXというと、ハイリスク、ハイリターンの代名詞のような商品で、意外に感じられる方も多いかもしれません。それは必ずしも間違いではなく、FX取引自体は上級者向きで、初心者が安易に手を出すと大損を抱えてしまうこともよくあります。その大きな原因は資金管理の甘さにあります。


FXでは、レバレッジ取引が一般的。このレバレッジ取引によって、差し入れた資金の数倍もの額の通貨を取引可能となります。例えば、差し入れた証拠金が10万円である場合、レバレッジが1倍なら、ドル円をせいぜい1千通貨程度しか取引できませんが、レバレッジ10倍なら、通貨量もその10倍、1万通貨のドル円を取引できるようになります。


取引できる通貨量が増えれば、ちょっとしたレート変動でも大きな利益を出すことが可能になります。しかし、その反面、逆方向にレートが動けば、当然、大きな損失に繋がります。この想定とは逆の動きをしたときに、どれだけ損失を小さく抑えられるかが、FX取引で失敗しない鍵なのですが、ここの判断が初心者には難しいのです。


しかし、自動売買となると話は異なります。自動売買は、取引の大まかな方向性をしめしておけば、その後は、プログラムが相場状況を見て自動的に売買してくれます。特に問題となる資金管理についても、ポジション構築時にはかならず損切り注文を自動的に入れますから、人間が損切りを躊躇して大損失を抱えてしまうことがありません。また、細かい取引をプログラムがこつこつ自動的に行ってくれるため、相場を毎日チェックしなくてもよく、楽に資産運用をすることができます。

luster lakeが持つ様々な魅力について

金地金の投資と言うものが世の中にはあります。安全資産と呼ばれる金を一定の割合で持つ事は、経済的に何かしらの問題が発生または発生しそうな状況下において役に立つ場合があります。資産には様々なものがありますが、金地金のような現物資産以外のもの、例えば現金や債券のようなものは最悪の場合紙屑になってしまう可能性がゼロではありません。しかしながら現物資産の場合には存在自体に価値が認められていると言う特性から、その価値が失われる事は無いのです。そのため資産を安定させるために現物資産を運用すると言う選択肢が資産家にはあるのです。


luster lakeではそのような目的で金地金を購入したいと考えている資産家、または投資家にとって魅力的なプランが提案されています。最もインパクトが大きいと言えるのが金を安く購入することができるという特徴であるといえます。金には相場と言うものがありますので世界中どこでもある程度決まった範囲内の価格での取引が行われていますが、luster lakeでは一般的に日本国内の相場よりも8%程度安い価格での取引が可能となっています。この背景にあるのは国外ですべての取引を行うことにより日本国内の売買で発生する様々な諸経費や税金を回避することができると言う点が大きいと言われています。このような仕組みは投資家にとって非常に魅力的なものであるため一気に評判になりました。


もう一つluster lakeが評判になっているのは現物資産である金の運用が可能になる仕組みが提供されていると言う点です。金は安全資産であると言う特性がある一方で、存在自体が配当や利息を生み出すことがないという点において取り扱いの難しい子さんでもありました。ただ持っているだけではその価値が増える事は無いのです。価格の移動に合わせて売却することで初めて利益が生み出される可能性があるのです。このような性質を持っていると言うことを理解しておく必要がありますが、luster lakeではプライベートバンクを活用することで毎月の配当を実現しています。安全資産としての価値はそのままに配当を受け取ることができる運用ができるのも大きな魅力となっています。

株式投資での資産運用のポイント

株式投資で資産運用をする場合、押さえておきたいポイントがあります。比較的リスクの高い金融商品となることから、常に損失を抑えるポジションを取る必要があるということです。

例えば強い上昇相場の中で買い上がっていくとします。指値注文が通ることは少ないので、大抵は成り行きで高めの購入単価でのポジションを築くことになります。けれども時に強い上昇相場は、それまでの展開によっては利益確定の売り注文に押されるケースがあります。それが単なる一時的な下げで終わるのならば良いのですが、空売りを伴う注文が増え続けると下落へと反転することも考えられます。そのような展開になれば購入単価が高い分だけ、含み損も大きく膨らむことになります。やがて見切りの損切りをすれば、相当に資金を減らすことになりかねません。そのために上昇相場での買い増しは資金のどの位の比率に抑えるべきかを自分なりに決めておく必要があります。あるいは逆に下げ相場での買い下がりも、反転上昇の兆しが見えない中では非常に危険と言えます。いわゆるナンピンは底を打っていることを確認した後に行うのがセオリーですし、時に大きなリスクを伴います。このように株式投資で資産運用を行うためには豊富な売買経験とリスク管理が必要になります。

利益を拡大させることよりも損害をいかに限定するかが課題というわけです。また短期での値上がり益を得られる確率と、長期保有により得られる利益率を比較して有利な方を選ぶことも大事です。利益の出し方によっては戦略が変わりますし、検討すべき銘柄も変わります。大切なことは、資産運用を行う自分自身の株式投資の力量を高める努力が求められるということです。もしそのような時間も労力もかかることができないというのであれば、投資信託などを利用するのも1つの方法です。利益率は下がりますが、安定したパフォーマンスを見せるものも多いので、安心して任せることができます。