読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

luster lakeで金地金を購入して資産運用や投資をしようと検討中

新社会人になって自分のコミュニティが広がると、実に様々な人出会います。

その中に自分で資産運用をしている人と出会いました。自分の資産を増やすために対策を講じていることを知ったので、自分も将来のためにしっかり資産運用をしなければならないと考えるようになりました。

そこで、株や不動産投資など様々な情報を集めて、自分に合った資産運用方法を探す過程で出会ったのが、luster lakeでした。

luster lakeとは、金地金販売会社です。つまり目を付けたのは金投資でした。

金は日本でも昔から馴染みがある資産ですが、特に外国では金は安定資産として人気があります。しかも金は株式や貨幣、債券などの「ペーパー資産」のように企業や国家の「信用」といったものに影響を受けることがない「それ自体に価値がある実物資産」なので無価値になるということがありません。

金融不安の時代には特に価値あるものとして価値を持ちます。

金の価値は過去40年で7倍以上になり、近年では2000年以降に4倍となっています。これからさらに価値が高くなる可能性があると感じました。

金地金は日本国内で購入すると、諸経費や消費税などがかかるので、割高になります。
しかし、ドバイに会社があるluster lakeから金地金を購入することによって8パーセント以上安く購入できます。なぜなら一部の国では消費税がかからないからです。ドバイもその国の一つです。

そして、購入した金地金をluster lake のプライベートバンクに保管することによって、毎月配当が得られるという仕組みになっているのです。

プライベートバンクは世界に数か所あり、そのどこかに保管されるということになります。

その海外に置いておくということで、日本への輸送費もかかりません。

luster lakeは海外の会社ですが、日本人スタッフがいるので問合せをするときに日本語を使うことができますし、ロンドン国際金市場で登録された金地金を取り扱っているので安心感もあります。

何より、費用が安く済むというところに魅力を感じました。100gから買えるそうですから、どのくらい購入するか、検討しています。

FXによる資産運用はどうなのか?

FXによる資産運用はいろいろな意味で有利にできています。FXは外貨によって資産運用を行うもので、外貨といえばまず外貨預金を考える人も多いでしょう。確かに、今の日本では金利が非常に低いですから、高金利を狙って外貨預金を考える人が多くなることは十分に理解できます。

ところが、FXを少しでも勉強して始めてみると明らかに分かることなのですが、同じ外貨を運用するのでも、外貨預金を始めるくらいならば圧倒的にこちらを始めたほうが有利です。ちょっと考えると、より一般的にも思える外貨預金のほうが良さそうなのですが、実際には逆なのです。

その理由の一つは為替手数料にあります。日本人が外貨で資産を運用するには当然ながら日本円を外貨に換えなければなりませんし、最終的に利益を手にしようと思えば外貨を日本円に換えなければなりません。ここにはいずれも手数料がかかります。例えば円をドルに換えることを考えると、外貨預金では1ドルにつき1円程度の手数料がかかることもごく普通です。銀行によっては安い手数料をうたっているところもありますが、それでも数十銭程度はかかります。今のドル円相場からすると、片道で約1%、往復では2%近い手数料が取られていることになります。安いところでも往復1%に近い手数料が取られているわけです。

資産運用をしている人なら身に染みて分かっているでしょうが、年間に何パーセントもの利益を上げるのは決して生易しいことではありません。にもかかわらず、有無を言わさず1%や2%は持っていかれてしまうのですから、これは大きいのです。

一方でFXの場合、会社によっても異なりますが、手数料は1ドルあたり0.3銭とかその程度です。外貨預金時の手数料とよく比較してみてください。直感的にすぐ比較するのも難しいくらいに両者は大きく異なっているということが分かるはずです。計算してみると分かりますが、両者は100倍以上もの開きがあるのです。

はじめての資産運用で株式投資にチャレンジ

今まで資産運用は何もしていないという人では、どのような資産運用に取り組んだら良いのか、頭を悩ますこともあるでしょう。
比較的ルールが簡単なFXに取り組む人が多いと言われていますが、株式投資に取り組む人も年々増えています。
FXに比べて株式投資の場合、株価に大きく影響を及ぼすファンダメンタルズを考慮し、企業業績や決算情報などの財務にも注目するという複雑な投資判断が求められます。

株価は急騰することもありますが、急落することもあり、どちらかと言えば下げは早く、上げは鈍いものでしょう。
相場は実体経済よりも半年から1年前に先行して動くと言われており、相場を的確に読み取ることは非常に難しいです。

となると、株式投資は初心者には厳しいともも考えられる人もおられるでしょうが、株式投資には異なる2つの投資方法があり、大きく分ければ、短期投資か長期投資があります。
短期投資の代表的な方法はデイトレードです。
長期投資は主に配当益を狙った半年から1年以上株を保有するという投資となるでしょう。
安定した売り上げや利益を出す企業で有利子負債が少なく、利益剰余金(内部留保)を多く含む企業の場合、安定した配当を出すケースが多く、安定したインカムゲインが期待できます。
短期投資の場合はもっとも注意が必要です。
短期投資の場合も安全性の高い投資は、やはり財務内容の良い企業に投資を考え、チャートの監視をすることです。
チャートの足跡には投資家心理やファンダメンタルズが投影されると言われています。
株価は必ず、上げては下げるという小さな変動で大きな上げ下げ相場を形成します。
上がれば必ず下げ、下がれば必ず上がることは間違いないです。
ここで問題となるのは売買ポイントです。
過去のチャートから短期での買い気配売り気配を掴み、指値をします。
マイルールを決め、余裕のある資金で、早めの利益確定を心がければ損が少なく利益確保も可能となるでしょう。

luster lakeで金地金を購入して資産運用や投資をしようと考えています。

プライベートではありますが、投資に興味がある私としては、以前から気になっていながらも手が出せずにいたというものの一つとして金地金投資があります。あまり知識がない頃には、金は変動相場があまり活発でなく、資産運用としてはあまり向かないのではないかと思っていた時もありましたが、よくよく調べてみると金の相場というのは30年前から比べると6倍以上取引価格が高騰しているようです。私はもともと短期的な投資には興味がなく、できるだけ長期的な投資を心がけているので、それを考えると金というのは資産運用の面で適しているのではないかと最近思うようになりました。そこでその手の知識がある知り合いに色々と教えてもらっていた過程で、金の販売会社で素人でもお得に購入できる会社はないかと聞くと真っ先に教えてもらったのがluster lakeでした。

luster lakeは、世界各国と取引があるトップクラスの金の販売会社で、主な取引商品は金地金です。金地金というとあまり馴染みがないかもしれませんが、金地金とは端的に言うと金の延べ棒です。私たちがテレビのお笑い番組で偽物を目にすることがあるあの延べ棒です。延べ棒は重いものでは数百万円で購入されていて、luster lakeの扱う金地金では100gから45万程で購入することができます。この金額が高いのか安いのか判断に迷うところではありますが、luster lakeではドバイ等の消費税がない国で金を購入し、海外のプライベートバンクで保管するため輸送費等の諸経費もかからず、国内他社より10%もお得に購入することができます。

また、luster lakeで金を購入すると、保有しているだけで配当金を毎月得ることができます。

それは、ラスターレイクが、先程も少し触れた海外で提携するプライベートバンクに金を保管し、そこで運用しているからです。

一般的に金は資産保全の役割であり、所有しているだけでは株のように配当がつかないと思われがちですが、luster lakeは2008年の金融危機以降の金の信頼性が高まったタイミングでプライベートバンクといち早く提携したことで、こうした配当金が得られるビジネスモデルを構築することができたのです。

堅実に資産運用したいと思っていた私にとって、これらluster lakeの特徴は非常にメリットに感じました。ですので、今後は金地金を購入して資産運用や投資をしようと考えています。

luster lakeの金地金投資で賢く資産運用できる理由とは

先行きの見えない日本経済により、老後の不安を考えて多くの人が何らかの投資を行っております。株式や外国為替取引など、数々の資産運用がありますが、その中でも金に対しての投資は今、非常におすすめです。

なぜなら金は安定した資産性があるだけでなく、歴史上、価値がゼロになったことは一度もないからです。そして、そのような金を他の取り扱い業者よりも安く購入できるのがluster lakeです。では、何故luster lakeでは他業者よりも安く金を購入することができるのでしょうか。これを理解するには、金地金販売のコストの内訳について理解する必要があります。

通常の業者の場合、金を販売する際には、金の市場価格に加え、輸送費、広告費、販売会社利益、そして国内では必須の消費税といった諸費用が発生する為、価格が金の市場価格よりも高くなってしまいます。

一方でluster lakeの場合、そうした経費を抑える仕組みがあるから他業者よりも安く金地金を購入することができるのです。luster lakeは本社を無税国のドバイに構えており、ここと直接金のやり取りをするため消費税が一切かからないのです。

資産運用において金がおすすめされるのは、金が実物資産であり、金そのものに価値があることと、市場価格の変動が激しくない点にあります。資産運用で有名な株式や外国為替などは実態のない金融商品であり、人的影響で価格がすぐに変動し、損してしまうリスクが高いです。最悪、自分の築き上げた資産が無に帰してしまうこともあり得ます。確かに資産運用において資産を大きく増やしていくのに株式や外国為替は有効な手段ですが、そういって増やした資産を守るリスクヘッジの役割として金を購入する投資家は多く存在します。そして資産を増やしていく為にも購入時にかかる諸費用を抑えていくことは賢い投資家として必要な要素です。

luster lakeの場合は、購入金額が安く抑えられるだけでなく、堅実に資産運用ができ、尚且つ毎月、配当金が支払われるようになります。

これは、luster lakeが海外の複数のプライベートバンクと提携をして、そこで金地金を運用しているためです。

ですので、金を安く購入して確実に利益を上げたいのであれば、luster lakeでの資産運用が適しているでしょう。

金地金で資産運用や投資をしたいときはluster lakeが最適

資産運用をする人は、今までは年齢層は高めで富裕層が多いという印象がありましたが、最近では大学生でも資産運用をして将来に備えたいと考える傾向が強まっています。

 

高度経済成長期が終わって日本経済は先の見えない停滞感を感じていますし、世界の経済も先行き不透明感が漂っているので、自分で投資をしてお金を稼ごうと考える人が増えたからです。投資先には、株や不動産、金地金など様々なものがありますが、金地金で資産運用をしたいと考えたときはluster lakeが最適です。

 

luster lakeは、国際メジャーブランドの金地金を多数取り扱っています。日本でも金地金は販売されていて公式価格に差はありませんが、換金性の高さを比べると日本ブランドよりも国際的なメジャーブランドの方が有利になっています。特に海外ブランドの金地金の中には、プレミアムがついていて個別に取引がされるほど価値が高いものがあります。そのため同じ公式価格で購入するのであれば、国際メジャーブランドのものが魅力だといえます。しかも日本で購入すると消費税の8%がかかってきますが、luster lakeで購入すると無課税国で契約してプライベートバンクで保管をしてもらうことになるので、消費税や諸経費がかからず国内業者で購入するより安く購入できることになります。購入した後は、セキュリティーコードが発行されるので、専用のページから保管状況や資産価値、さらに運用の状況を確認することができます。

 

高いセキュリティーで守られていますが、万が一、不正アクセスがあったときにはすぐに保有者の携帯電話にメッセージがおくられてきて状況を確認できるようにサポート体制が整っています。プライベートバンクでは、24時間365日稼働しているシステムの他に、人為的な監視のもとで厳重に管理もされているので安心です。しかもプライベートバンクで保管してもらい運用している間は、毎月配当金が得られるようになっていますので、高い資産運用が期待できます。

 

安全な場所で安心して安定した配当を得られるluster lakeの資産運用はとても魅力的であり、今後ますます色々な人たちの注目を浴びていく会社であると言えます。

短期取引重視のFX資産運用テクニック

FXで主な損益となるのは、値動きによる差金決済取引です。いかに安く買って高く売るか、高く売って安く買い戻すかが大切です。利益を大きくするためには、大きな値動きがなくてはなりません。

FXは24時間好きな時に売買をすることができる金融商品ですが、実は値動きの7割は価格がそれほど大きく動かず、同じレートを行ったり来たりする「レンジ相場」で、大きく上下する「トレンド」は3割程度と言われています。レンジ相場では大きな値動きが期待できないため、ポジションを持っていても利益を出すことはできません。損失も出ませんが、それでは資産運用としてはうまく資金を回すことができていません。

そこで短期トレーダーが実践したいのが、値動きが出るとわかっている時間帯に取引をすることです。例えば経済指数の発表に合わせてポジションを持ったり、市場が活発になるニューヨークタイムに限定して取引を行う方法です。特に経済指数の発表はカレンダーで予定が公開されていますので、いつ重要な発表があるのか簡単に調べることができます。失業率などの雇用統計やGDP政策金利の発表では為替も大きく変動します。レートが変化しないレンジ相場でポジションを形成するよりは、こうした値動きがあるタイミングで取引を行うのが、短期での資産運用で重要なポイントです。時には予想に反する動きをしてしまうこともありますので、証拠金を全額失ってしまうような取引は避けたほうがよいでしょう。値動きが急だと、ロスカットが発動する前に証拠金がマイナスになってしまうことがあります。高いレバレッジで取引をするときほど、そのようなことが起きやすいので、過度なリスクは避けたほうがよいでしょう。

短期で取引をする場合は取引回数も多くなりやすいので、できるだけスプレッドの狭いFX会社を選んで取引をするのがよいでしょう。ただし普段スプレッドが狭くても、値動きが急になると拡大してしまうこともあります。注文を出す瞬間は慎重な判断が必要です。