FXで使うテクニカル指標は限定しよう

FXで使うテクニカル指標は少なくしましょう。テクニカル指標にはトレンド系、オシレーター系いろいろありますがあまりたくさんチャートに表示させないほうが良いです。例えば、テクニカル指標をたくさん表示する事で、返ってトレード時に迷うことになります。どの指標が良いかと迷ってしまうと、トレードに必ず悪影響を及ぼしますので使えそうな指標を3つ程度にしぼりましょう。

FXでテクニカル指標を限定すると、その指標が効く場面と、効かない場面がわかるようになります。例えばトレンド発生時にRSIを使うと機能しません。一方、レンジ相場では逆張り指標として有効に機能します。

あまりRSIを使っていない人は指標として利用すると、レンジで取れた分をトレンドで失う事になります。これは指標が効く時と効かない時を知らないためです。少数に絞る分、そのテクニカル指標に詳しくなってください。結果的に適当に使っている人より差が出て、その差が収益の差となります。

FXでテクニカル指標を限定する事で、トレード回数を制限出来ます。トレードスタイルがスキャルピングなら回数をこなす必要がありますが、それ以外のスタイルでは頻繁にトレードする事は稀です。好きな時にポジションを取っても勝つことはできず、逆効果です。

FXで勝つためには、自分なりの優位性を見つける必要があります。見つけた優位性を基準としてエントリー、エグジットを繰り返し、最終的に収益を増やす事がFXで儲ける仕組みです。たくさんのテクニカル指標を使うと、この基準が曖昧になり、エントリー回数が増えやすくなります。ポジポジ病をなおしたい人は、テクニカル指標を少なくしましょう。これだけでトレード回数を大幅に減らせます。もちろん自分なりの優位性を確認してからです。

自分にとっての優位性については、取れた時のトレードを振り返ってください。どのようにトレードした時、勝てたのか、負けたのかを確認すると自分なりの優位性を見つけられます。よかったらトレードの参考になさってください。

株式投資で注意をしたいのは信用取引です

最近では駆け出しの個人投資家でも積極的に利用するようになっているのが株式投資ですが、もともとはハイリスクハイリターンな金融商品の代表的な存在としても紹介されるものでした。最近では投資に取り組んでいる人も増えてきたこともあり、運用資産が目減りをすると言う一般的なリスクについては広く受け入れられるようになってきているといえます。そのような現代社会においては株式投資の持っている基本的なリスクは決して高いものではないと言う認識が一般的になってきています。


例えば個人投資家がよく利用している安全な資産運用の1つの方法として現物投資と言うものがあります。これは現金で株式を購入すると言う方法であると表現することができます。ごく当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、株式の世界にもより多くの運用するために利用することができる信用取引と言う仕組みが存在しています。

 

これは投資家としての個人の信用を担保に証券会社等からお金を借りて預け入れている資金以上の運用することを可能にする仕組みです。この仕組みを活用すると預け入れている資金よりもかなり多くの運用することができることに加え、他社から株を借りて売却するところから取引をする空売りと呼ばれる取引方法も利用することができるようになります。


このメリットに注目をして信用取引に興味関心を持つ個人投資家も多いのですが、本当に注意しなければならないのはこの信用取引です。実際に持っている資産や資金以上の取引を行うことができる利便性に対して、一定のリスクがあると言うことを理解しておかなければなりません。

 

例えば株価が下落をした際に信用取引で株を購入していた場合、最悪のケースにおいては預け入れていた資金以上の損失が出ることも珍しくないのです。逆に空売りをしていた銘柄が株価を上げた場合においては、天井知らずな損失に発展する可能性もあります。通常の取引であれば損失が限定される株式取引において制限のない損失に発展する可能性があるのが信用取引なのです。

luster lakeは希少な金ブランドを取り揃えている

金に高い価値があることを広く知られていることですが、これにもブランドがあることを知っておきましょう。なかには偽物まがいなものも存在していることになり、それを掴まされることになれば大きな損失になってしまいます。だからこそ信頼できる販売店で購入をしてください。金地金を取り扱うluster lakeこそ信頼できる販売店であることを知ることによって、投資として幅が広がることになるはずです。大きなメリットを感じ取ってください。

 

いろんなブランドがありますが、そのなかでも採掘国に関心を持ちましょう。質が高い金を採掘できている国は、やはり高い値打ちがあります。そのようなネットワークを持っているのもluster lakeですので金地金の評価を高めることが可能です。アフリカは良く知られている地域であり、もちろん該当しています。その他には中央と東南アジア、ヨーロッパ、南米と世界各地に採掘国がありますが、それぞれにネットワークを持っていますので良質な金を取り扱っています。

 

コアなコレクターになると採掘国までこだわっていることになりますので、意外と重要なポイントになることを知っておきましょう。このような点からも金地金を選ぶときに関心を持っておくべきです。だからこそそれらのブランドを扱っているluster lakeを利用する意味が見つかります。さらにこの会社が優れているところは、日本よりも安く購入することができることです。免税によってシステムが成り立ちますが、コアなコレクターが求める金地金を安く購入することができるのがluster lakeの魅力と言っても過言ではないでしょう。

 

本当にたくさんの販売店が日本国内でありますが、そのなかでもluster lakeは一際目立った存在になりつつあります。高い金地金だからこそ、割引率に関しても関心を持つべきですし、またブランド力にも興味を持つべきです。投資家として欠かせない重要視するべきポイントになるでしょう。

サラリーマンでも実践できる不動産投資の魅力

不動産投資の魅力は、サラリーマンであっても資金さえ確保できれば実践できる点にあります。不動産投資の代表的なものとしては、相場を利用した物件や土地の売買が挙げられます。しかし、こうした方法を行うためには一定以上の資金を保有しておかなくてはいけません。

 

普通の生活をしているサラリーマンにとっては、こうした不動産投資用の大きな資金を準備することさえできないケースがほとんどです。そのため、不動産を利用して資産運用を行うためには少し工夫をしなくてはいけません。

 

具体的には、投資をする人が何もしなくても資金が入ってくるシステムを構築することが大切です。例えば、代表的な手段としては収益物件が挙げられます。収益物件というのは、購入した不動産を別の誰かに貸すことによって、その賃料などで収益を出していく物件のことを意味します。賃貸で部屋を借りるときなどはまさにこれで、一度契約を行えば契約が切れるまではずっと利益を貰い続けることができるメリットがあります。

 

ただ、契約などの手続きで面倒だと感じる人も少なくありません。この点も、収益物件を利用した方法だと解消できます。収益物件では、購入した物件を専門の不動産の管理会社に預けておくことで代わりに業務を代行してもらうことが可能になります。確かに、自分で賃貸人を探して部屋の契約を行うと考えると非常に面倒になってしまいますが、収益物件の場合は管理している不動産にすべて任せておけば後は収益だけを手に入れることができるようになります。

 

これは初心者にはとても向いている不動産投資であると言えます。そもそも、収益物件さえ確保できれば相場などを気にする必要もありません。物件や土地を購入した場合には相場の変動を見極めて適切なタイミングで売買を行う必要があります。一方で、収益物件では家賃の価格帯だけを決めておけば後は不動産業務を代行で進めてくれますので資産運用がとても楽なのです。

不動産投資のリスクと回避の仕方について

将来の年金などの不安を抱える人の中には若い時代から不動産投資への興味を抱き、セミナーに参加する人も多いのではないでしょうか。年金受給率は年々下がる一方、60歳の定年を迎え、再雇用を受ける事が出来たとしても65歳まで、その後の生活に不安を抱く人も多いと言えましょう。アパート経営などの不動産投資は高額な費用が必要になる、しかしローンを組めば始める事が出来ます。その理由は、アパートに住む人々からの家賃収入を毎月得る事が出来るためです。ローンの支払いは家賃収入から行えば支払いが可能になる、こうした話をセミナーの中でも聞く事が出来るわけです。

 

しかし、投資には何かしらリスクと言うものがあります。不動産投資は他の投資の中でもリスクが小さい、と言われていますが、アパート経営などの場合は空室対策がリスクを最小限に抑えてくれるメリットに繋がって来ます。空室が出来なければ毎月家賃を得る事が出来ますし、ローンの支払いも可能になって来るわけです。空室対策をどのようにするのかはアパート経営の専門家でもある管理会社の協力は必要と言えましょう。管理会社に委託する事は空室対策だけではなく、アパート経営に関する様々なリスクの回避法に繋がって来ます。

 

例えば、家賃を数か月間滞納する入居者もゼロではありません。仮に、数か月間の家賃収入がなくなればローンの返済は待ってくれませんので、自腹での返済が必要になって来ます。もし、年金生活を送っている場合でも、年金だけでローンの返済が出来るとは限りません。こうした滞納者への家賃の取り立てを管理会社がしっかりと行ってくれるので投資を行う側は安心して暮らして行く事が出来るわけです。また、アパート経営などの投資のプロとも言える管理会社などの場合、投資に最適な物件の特徴についてのノウハウもあります。素人では分かりにくい投資に最適な物件とはどのようなものなのか、セミナーに参加する事で知る事も出来ます。

FXは若い世代にも人気を集めている

投資と言えば最も有名なのは株式投資だが、投資には多額の資金が必要な為、ある程度年齢が高く収入も多い人が行うイメージが強いです。しかし、近年は若い世代でも気軽に始められるとしてFXが人気を集めているが、何がそれほどまでに人気なのでしょうか。

 

先ほどもお伝えした通り、株式投資はある程度のまとまった資金が必要だが、FXでは小額からでもスタートできるシステムがある為、収入がない専業主婦や学生でも始めることが可能です。

 

具体的には最低でも5万円は用意できればスタートが可能で、中には1万円程度でも始められる証券会社から、実際のトレードを体験してもらえるようにと、数千円からスタートできる証券会社も存在しています。

 

これを実現可能としているシステムがレバレッジと呼ばれるシステムで、日本語では「てこの原理」を意味しています。つまり、小額でも大きな金額の取引ができることを意味していて、日本国内では今現在25倍までレバレッジを使うことができます。

海外の証券会社になると500倍や1,000倍と言うハイレバレッジを使うこともできる為、1万円などの小額からスタートができるということです。

 

ちなみにレバレッジの仕組みだが、そもそもFXは証券会社からお金を借りてトレードをする為、レバレッジを全く使っていなくても、実際に取引に使うお金は証券会社から借りたお金になります。

 

その為、FXでは相場が上昇するときだけでなく、相場が下降するときでも利益を上げることができます。詳しく説明するとドル円相場で上昇するということはドル高円安に進み、ドル円相場が下降するということはドル安円高に進みます。

 

一般的にはドル円相場が上昇するときに円でドルを買っておけば利益を上げられることは想像がつくが、実はドル円相場が下降する際にはドルで円を買う、つまりドルを売れば利益を上げることが可能となります。

 

これも証券会社からお金を借りている状態なら可能で、証券会社からドルを借りて借りたドルで円を買えば下降相場でも利益を上げることが可能です。

 

このように少ない証拠金でもトレードがスタートできて、さらにはバブル期だけでなく金融危機の相場でも利益を上げられる部分が若い世代にも支持される秘訣です。

FXで年間収支をプラスにするコツ

FXでトレードする際、レバレッジをかけすぎない事です。無理をせずに低レバレッジでトレードしましょう。資金を一気に二倍にしようとといった考えは捨てるべきです。ヘッジファンドの上位運用成績ですら、年40%の利益率です。下限は10%です。つまり、個人はリスクを取りすぎています。謙虚さも大切です。

 

小さな目標を立てましょう。1日平均10pips取る事を目標にしても構いません。小さな目標を立てるメリットは、目標のために何が必要かを考えるようになる事です。10pips取るためには、それ以上の値幅、それ相応のボラティリティがなければ取れません。その日の最初のトレードで10pipsとった後、再びチャンスが来た時、どうすればよいかも考える必要があります。手法も決める必要があります。このように目標が決まると、自分から考えられるようになります。

 

継続しましょう。無理をしてトレードする必要はありませんが、相場のチェックは定期的に行うべきです。指標の結果や相場を動かしたニュースや出来事を確認しましょう。間があくと相場の環境に慣れるまで少し時間がかかります。すぐに対応できるよう心がけるべきです。

 

他のメリットは勘を養えます。FXに限らず相場では急落、急騰の後、材料が出てきます。ある程度相場を見ていると、この急騰急落前に違和感を感じる時がたまにあります。常日頃から相場をみているからこそ値動きが怪しいと感じられたと個人的には考えています。実際スイスフランショックの時、逃げられました。

 

ここならば取れるといった得意なパターンを見つけましょう。1つでも良いです。手法でも構いません。そしてそのパターンで繰り返しトレードしてください。場合によっては数日、数ヶ月そのパターンが登場しないかもしれません。おそらく苦しいでしょう。トレードできずに焦ります。そんな時は諦めて見送っても良いです。規律、一貫性はトレードで勝つ為の必須条件です。年間収支プラスが最優先事項です。トレードする事が一番ではない事を頭に叩き込みましょう。