FX取引では税金に注意が必要

FX取引では利益が出た場合には確定申告で納税する必要がある。これを怠ると追徴課税によって納税額が増えてしまうので注意しなければならない。

ただし、利益が出ると無条件に納税しなければならないわけではなく、一定の金額を超えていなければ申告の省略が認められている。基準は就業形態や収入で異なるが、通常のサラリーマンであれば雑所得に分類される収入の合計が20万円以内であれば申告が不要である。超過した場合には20.315%の税金を払うことになる。

 

この税率は一律であるため利益が大きくなっても変化はしない。以前は税務署がFX取引の実態の把握が困難だったので申告しなくても発覚しないこともあったが、現在はマイナンバー制度が活用されているため把握が容易になっており、申告せずに脱税するのはできないと考えた方が良い。なお、これは税金を徴収するために利用されるものであるため、マイナンバー制度によって勤務先にFX取引を行っていると知られる心配はない。
利益の計算を行う際には経費を差し引くことが認められているため、領収書などは残しておく必要がある。

 

パソコンの購入費やインターネットの通信費、書籍やセミナーの費用など様々なものが認められるため、経費であると判断できるものは全て申告した方が良い。疑問を持たれた場合には説明を求められる場合があるため、判断が微妙なものは妥当な理由を用意しておく。
利益が出ていない場合にも申告が必要なケースがある。省略は税務署の手続きを簡略化するためのものであるため、他に申告が必要なものがある場合にはFXの確定申告も行わなければならない。また、損失が出た場合も金額によっては申告した方が良い。FX取引では3年間の繰越控除が認められているが、損失がどの程度残っているのか把握できなければならず、申告していなければ適用できない。しかし、手続きには手間がかかるため、少額の損失で節税効果が低い場合は無理に申告する必要はない。

株式投資はじっくりと長期が一番

リーマンショックの直前ぐらいから株式投資をしているのですが、結論として長期が一番だと感じる。
儲けたいという気持ちはあったものの、元々将来性のありそうな企業であったり安定してそうな企業を中心に買っていたので、リーマンショックの大暴落を食らってしまったものの一時的に大きな含み損を背負ってしまっただけで、最後には株価が戻ってきたため配当の分だけ利益がでたので、あたふた売買をしなかったのは良かったと思っている。

 

そのように考えているものの、アベノミクスの初動の時には長い含み損に耐えていたということもあって、許容できる範囲に含み損が減ったところで損切りをしてしまった銘柄もあり、待っていればぐんと株価が伸びて大きな利益を手にした銘柄もたくさんあったため、その点は失敗であった。

 

それでもトータルでは損をすることはなかったし、待っていれば株価が戻ってくるという銘柄をしっかりと選ぶことができていたのは良かったので、一生持ち続けるぐらいの気持ちで株式投資をすればほぼ負けないのではないだろうか。
もちろん、株価が大きく上がって大きく儲けたいという気持ちはないわけではないが、そのような銘柄を選ぶとハイリスクハイリターンになってしまうし、売買のタイミングが掴めずに高値づかみの底値売りをしてしまいそうなので、やはり長期に渡って保有できる銘柄を選んでおくのが安心だ。

 

株式投資は適切な損切りが重要だというが、素人が下手に損切りをしようとすると損切り貧乏になってしまうことが多いだけに、損切りは一切せずにいくらでも待ち続けることができると思える銘柄に絞って投資をするのが良さそうだ。


積極的に売買をしていくのも悪いものではないと思うが、多くの人は売買を重ねれば重ねるほどに損をしていくことが多いため、待てば海路の日和ありと言うように待つ投資が一番リスクが少ないと感じている。
株価は気にせずに配当と優待をもらって、気づいた時に株価が大きく伸びていたというのが理想ではないだろうか。

不変の価値のある金への投資はluster lakeに任せてください

金は絶対的に信用の出来る投資とも言われ、世界中で多くの方が不変の価値を所持する金での資産運用を進めています。国内でも金への投資を扱う金融機関は多く、大手から中小に至るまで、実に多くの金融機関で金地金への投資を行える商品が販売されています。株式やFXのような大きな変動も無く、中長期に渡って安定した資産運用を実現出来る金地金投資を通じ、老後の資産形成を検討している方も多いことでしょう。

luster lakeでは、これから金への投資を考える方のために、相場の読み方から、予算に応じた資産運用に至るまでトータルで提案していきます。長くに渡って金融機関で経験を積んで来たスタッフが多く働いているluster lakeであれば、個々人の目的に応じた最適なプランニングの実現が可能です。

国内の金融機関で、金への投資に関する説明を受けたことがある方の場合は、金を購入した後に保管をどうするかが気になってくる方もいるでしょう。luster lakeでは、海外に営業拠点を保持していますので、購入から保管までを現地スタッフが行っていきますので安心です。相場を読みながら、世界の希少ブランドである貴重な金を購入し、長期的な保管を行っていきます。

お客様が購入された金の状況については、会員専用ページを通じ、いつでも保管状況を参照していくことが出来るようになります。金への投資が初めての方は馴染みが無い感覚になっていくでしょうが、有事の際に役に立っていく金の保管は自国以外に保全することが海外では一般的になっています。

ビットコインに代表される仮想通貨も同様に国を跨ってのリスクヘッジの意味合いをなしていきますが、金のような現物資産には及ぶものではありません。長期的に安定した資産運用を実現でき、安心した老後を迎えていくためには、luster lakeの金投資を活用するのが有効です。金地金投資の仕組みからライフプランに応じた資産構築までトータルでバックアップしていきます。

マクロで成長期待ができる日本の株式に投資

株式投資をする場合に、個別企業の分析として企業の財務諸表を確認して経常利益が伸びてきているかといったフローの情報や資金の調達として自己資本比率を確認して自己資本が多く経営が安定しているかなど貸借対照表から読み取れる情報を確認して、最終的に自己資本を株式発行済み総数で割って、一株あたりの理論的な株価を算出し、実際の株価がこれより高いか安いかを分析したりして、株価が安くて経常利益が伸びてきているような状況であれば買いで入り、株価が高くて経常利益が伸びない状況にあるものの、自己資本がある程度あるので当面の期間は株価下落にも耐えうるとかんがえれば信用取引空売りするなどして取引きに臨むことがあるでしょう。

個別の企業の分析は大事なことですが、マクロな分析として人口減少が叫ばれる日本においてはジリ貧の市場で成長しようとする場合にはそこで上げることができる利益は少なくなります。ですので、このような状況でもマクロで成長できる分野に投資して利益を確保することを考えることが重要となります。


では、どのような分野がそれにあたるのかということですが、基本的には国策が向いている方向性、予算が多く分配されている分野に投資するべきであるということが言えます。例えば再生可能エネルギー分野については固定価格買取制度などの制度的な担保と導入補助金などで重点的に導入が図られました。このような分野に投資しておくと初期の段階で利益をえることができるといえます。

 

そして、これから本格的に重点施策が行われなければならないのは高齢者施策です。まず高齢化率は上昇し、高齢者が増加することとなります。この高齢者について厚生労働省によると2016年時点で特別養護老人ホーム待機者数が36.6万人という数値がでており介護が必要なニーズはあります。

そして団塊の世代後期高齢者に入ってくる段階ではもっとニーズが増えます。このような機会に着目して介護関係の施設を運営する会社や居宅でのサービスを提供する会社などに投資するという選択も考えてみる価値はあるでしょう。

株式投資で儲かったら納税が必要

投資と言うものはお金を稼ぐ目的で行うのが一般的です。しかしながら利益を生みだしたらそれに対して税金を納めなければならない義務を合わせて理解しておかなければなりません。現在の仕組みでは利益に対して20%以上を税金として支払う必要がありますが、そのような税金の精算を簡単に行うための仕組みと言うものが準備されています。

それは証券会社に専用の口座を開設するときに選択することができる特定口座と呼ばれる仕組みです。これを選択しておけば手間のかかる税金の計算を証券会社に任せることができますので投資家としては非常に楽になると言えるでしょう。


特定口座が便利であると言える仕組みとしては、必要な税金の計算を年間を通じて自動的に行ってくれると言う点にあります。あらかじめ税金による控除分を差し引いて管理してくれますので税金の払い忘れと言う問題が発生しないのが最大の魅力です。

税金の仕組み上利益が出たときには支払う義務が発生しますが、株式投資の場合には損失が発生する可能性もあります。同一年度で損失が発生した場合には通算での計算により払い過ぎた税金を戻してもらうと言うことも仕組み上できるのです。

このような計算を自分自身で行うことも不可能ではありませんが、非常に手間のかかる作業となるため特定口座を開設して自動的に処理をする仕組みを採用するのが望ましいといえます。


株式投資を行う場合、必ずしも特定口座を開設しなければならないわけではありませんが、特別な事情がある場合を除いて特定口座を開設しないメリットと言うものは存在していません。特定口座を開設しない場合には確定申告において個別に清算しなければなりませんが、申告漏れがあればそれは脱税に当たってしまうと言う問題があります。

このような事態が発生しないようにするためには、やはり特定口座を選択するのが最も簡単な方法であるといえます。税金を支払うなければならないと言うことを受け入れるのであれば、特定口座を選択しないメリットは特にありません。

luster lakeの金地金の運用方法のメリット

金はその価値が変わらない資産として多くの人が資産運用に利用しています。最近は特に金の価値が高騰しており、経済が不安定な中にあって唯一安定した価値を維持できる資産として利用する人が多く、非常に人気が高まっています。


しかし、金が最も取り扱いやすい形である金地金はその保管が非常に難しい上、日本国内では売却する際に手数料や税金がかかってしまうため、いざ処分しようとすると非常に費用のかかるものとなってしまいます。安定した価値が期待できる反面、その手数料がかかると言う理由でなかなか利用できないと言う人も多いのです。


luster lakeの金地金運用はこのような点に着目し海外で運用する方法のため効率的に資産運用ができるとして話題になっています。海外における金の運用は日本国内とは異なり手数料がかからない上、国内に比べて取引価格も安いため、効果的に資産運用ができるようになります。しかし自ら海外で金を買いつける事は伝がないとなかなか難しく、またそのリスクも高いため一般的にはなかなかできるものではありませんが、luster lakeはその豊富な経験から効果的に金地金を買い付け投資家に提供する手法を知っているため、日本国内にいながら海外の金を運用することができるようになります。


luster lakeの金の運用方法は、投資家に海外の金地金を購入してもらい、これをプライベートバンクに運用させることでその利益を高め投資家に還元するという仕組みです。実績のあるプライベートバンクで運用するため比較的安定した利益が得られることや、しっかりとした管理下に置かれ安定的に運用されることなどからその利益率が高いことでも知られています。また日本国内で運用する場合と異なり手数料等がかからないので効率的に資産運用が行えるとして非常に人気になっています。一般的に国内で金地金を保管すると資産として課税されたり、その保管場所に困ってしまうことも多いのですが、luster lakeの運用方法であれば保管場所を気にすることなく運用ができる点も以上に便利なものとなっています。

毎月の収入の幅を広げる不動産投資

毎月のお給料だけでは今後の収入が不安だという方は、収入源を増やすことを検討する必要があります。一度就職すると定年退職まで働き続けられる時代は終わりを告げ、現代社会は労働市場流動性が高まり、従業員にとっては転職をしやすい時代になりつつありますが、企業にとっても従業員を有期で雇用したり、非正規で雇用するケースが増えてきています。特に非正規で働く方にとっては将来的な補償が正社員よりも少ないので、更に給与所得以外の収入を欲しいと考えるところでしょう。

毎月安定した収入を得るために最もよく摂り入れられる資産運用手法の一つに不動産投資があります。不動産を所有するというと、資産を多く持つ富裕層だけの資産運用方法だと考えられがちではありますが、実は近年サラリーマンや少額からも不動産投資が出来る金融商品のラインナップが充実してきたことから不動産投資をする方が増えてきています。例えば、株式投資であれば将来収益を上げそうな企業に投資をしますが、少額の株式しか保有していなければ企業の経営指針などに意見を言うことが難しいものです。しかし、不動産投資の場合は投資家が主体的に活動することが出来ます。取得する土地やアパート、マンションの選定はもちろんのこと、管理をする不動産会社の選定、物件の賃貸価格の決定や修繕のタイミングまで幅広く選定していくことになります。土地や物件価格が上昇したタイミングでは売却をするかどうかの判断も下します。毎月の安定した家賃収入以外にも売却した際に利益を得るケースがあるのが不動産投資の旨みでもあります。給与所得以外の収入として魅力的な不動産ですが、投資家自身の意見が大きく反映するということが、それだけ投資家が勉強をしなければ高い収益を上げることが難しいことも意味します。立地の利便性や、今どのような不動産が市場で求められているのか、トレンドの分析も常に行える方が投資家としては向いているでしょう。