luster lakeの金地金投資で賢く資産運用できる理由とは

先行きの見えない日本経済により、老後の不安を考えて多くの人が何らかの投資を行っております。株式や外国為替取引など、数々の資産運用がありますが、その中でも金に対しての投資は今、非常におすすめです。

なぜなら金は安定した資産性があるだけでなく、歴史上、価値がゼロになったことは一度もないからです。そして、そのような金を他の取り扱い業者よりも安く購入できるのがluster lakeです。では、何故luster lakeでは他業者よりも安く金を購入することができるのでしょうか。これを理解するには、金地金販売のコストの内訳について理解する必要があります。

通常の業者の場合、金を販売する際には、金の市場価格に加え、輸送費、広告費、販売会社利益、そして国内では必須の消費税といった諸費用が発生する為、価格が金の市場価格よりも高くなってしまいます。

一方でluster lakeの場合、そうした経費を抑える仕組みがあるから他業者よりも安く金地金を購入することができるのです。luster lakeは本社を無税国のドバイに構えており、ここと直接金のやり取りをするため消費税が一切かからないのです。

資産運用において金がおすすめされるのは、金が実物資産であり、金そのものに価値があることと、市場価格の変動が激しくない点にあります。資産運用で有名な株式や外国為替などは実態のない金融商品であり、人的影響で価格がすぐに変動し、損してしまうリスクが高いです。最悪、自分の築き上げた資産が無に帰してしまうこともあり得ます。確かに資産運用において資産を大きく増やしていくのに株式や外国為替は有効な手段ですが、そういって増やした資産を守るリスクヘッジの役割として金を購入する投資家は多く存在します。そして資産を増やしていく為にも購入時にかかる諸費用を抑えていくことは賢い投資家として必要な要素です。

luster lakeの場合は、購入金額が安く抑えられるだけでなく、堅実に資産運用ができ、尚且つ毎月、配当金が支払われるようになります。

これは、luster lakeが海外の複数のプライベートバンクと提携をして、そこで金地金を運用しているためです。

ですので、金を安く購入して確実に利益を上げたいのであれば、luster lakeでの資産運用が適しているでしょう。

大変な不動産投資の手続きを簡略化して資産運用をしよう

不動産投資を資産運用として利用する場合には、なるべく手続きを簡略化して実践しなくてはいけません。例えば、収益物件として不動産投資を実践する人は数多く存在しますが、収益物件で不動産を運用していくためには賃貸借の管理システムを作っていかなくてはいけません。実は、これが初心者には面倒で複雑なのです。一般的な賃貸を提供している不動産業を見れば、賃貸にとって何が必要なのかがわかります。

賃貸で収益を得るためには、とにかく自身が収益物件として取得したマンションやアパートに、入居希望の人がやってくれないといけません。ただ、普通に入居希望の人を探すとは言っても、広告や宣伝などを単純に行っていたとしても人はやって来ないので意味がありません。入居希望者は、マンションやアパートならどこでも良いわけではなく、立地条件や住環境などを重視するからです。実は、こうした広告や宣伝にはかなりの費用が必要になるため、収益物件を入手して利益を出す際には費用対効果の観点から、広告や宣伝費を抑えなくてはいけないという事情があるのです。実際に、入居希望者が現れないケースを考えると、広告や宣伝を作ったとしても賃料という収益が入ってこない計算になりますので、どれだけの期間で入居希望者を見つけて収益を得るのかを正しく計算できなくてはいけません。こうした賃貸のシステムは、最初から構築していくことは難しく、ほとんどの不動産投資の投資家は業者と相談をして最も適切な方法で資産運用をしています。

収益物件を入手したとしても、その物件にリフォームが必要ならばリフォームの費用も掛かります。また、賃借人として部屋に入居してくれる人が現れたとしても、賃貸借契約は原則として2年契約になっていますので、継続的に部屋に入居し続けてくれる人がいないとその時点で収入は途絶えます。こうした問題点を解決するためには、不動産投資の専門的なコンサルタントや業者と相談することが一何なので、無料のセミナー等を受けてみると良いでしょう。

FXは人気の資産運用手段の一つです

外国為替証拠金取引(FX)は、日本で人気の資産運用手法の一つになっています。その特徴として、高いレバレッジがあります。日本国内でFXで取引を行う場合、最大25倍までレバレッジをかけることが認められており、これが資産運用の幅を大きく広げています。

現在の米ドル・日本円の外国為替相場が1米ドル=110円の場合、証拠金を110万円預けることによって、その25倍の2,750万円まで投資を行うことができます。米ドルを購入した場合、25万円米ドルのポジションを取ることになります。

その後、予想通り米ドル高・円安に動き、1米ドル=115円になった場合、125万円の利益を得ることになります。110万円の証拠金よりも多い125万円の利益を手にすることができ、これがFXの大きな魅力になっています。

一方で、米ドル安・円高に動いてしまうと、大きな損失を受ける可能性があります。1米ドル=105円に鳴った場合、125万円の損失が発生します。この場合、125万円の損失が出る前に、業者の方でロスカットという強制決済システムが作動して、証拠金がゼロになる可能性があります。

ただし、2008年のリーマンショックのような大きな相場変動がある場合、ロスカット・システムが追い付かないケースがあり、そのような場合は、証拠金がなくなることに加えて、追加証拠金を迫られることがあります。

そのため、FXはリスクが高い資産運用であるとも考えられており、海外では投機的な運用手段として考えられています。海外のFX業者の中には、100倍以上のレバレッジをかけられるところもあり、英語の問題がなく、米ドルやユーロの決済が可能な人で日本から取引していることもあります。

銀行や証券会社が提供している資産運用には株式、債券、投資信託など、いろいろな方法がありますが、外国為替証拠金取引は、リスクが高めであり、レバレッジを抑えながら取引を行うことがポイントになります。

金融商品としてFXの資産運用を実行しよう

日本国内で誰もが気軽にできる資産運用として、銀行が提供する金融商品が挙げられます。金融商品を利用すると、元本に金利が設定されて一定期間を経過することによって勝手に利益が振り込まれる仕組みになっていますので、経営や経済的な知識を全く有していない人であっても資産運用で利益を出すことが可能です。ただし、一般的な銀行で提供される金融商品には大きなデメリットが存在します。それは、金利のパーセンテージがかなり低いことです。

 

金融商品の典型的な例として預金がありますが、多くの日本人は銀行にお金を預けているにもかかわらず、この金利の恩恵を受けることができません。なぜこのようなことになってしまうのかというと、預けた元本に対して金利がものすごく小さく設定されているからです。そのため、消費者が体感できるほどの利益を得ることはできず、現実的に銀行が提供する預貯金を利用した資産運用は終わりを迎えています。一方で、FXにも実はこうした金利を活かした資産運用の手段が用意されています。この手段をスワップ取引と言いますが、実はFXのスワップ取引では、日本国内の一般的な預金口座で利用できる金利の数倍以上の利益を得ることができるようになっているのです。FXで利用される外貨には、国内通貨の外貨とは全く異なる金利が設定されており、国内では受け取ることができない金利であっても外かを保有するだけで大きな利益を得ることができます。ポイントは、ただ保有しているだけで利益を得ることができるという点で、FXで取引をする必要性がないということです。

 

一度、金利が高い通貨に交換した後に保有しておけば良いので、感覚的には国内の預貯金と全く変わりません。一種の金融商品として外貨を保有し続けておけば、それだけで金利の利益を受け取ることができます。当然、金利には利息も付きますので、交換する外貨の量が増えるほどそれだけ大きな利益を得ることができるようになります。

資産運用の花形といえる株式の取引

資産運用と聞いて、多くの人が連想するのが株式の取引です。これは会社における社員権を指しますが、現在では資金調達の側面が大きくなっています。出資することで得られた株券は、自由に譲渡することが可能です。これが上場企業ともなると、証券取引場で広く売買されることになります。当然ながら、ここで安く買い、高く売ることが資産運用の基本です。そのためには常に社会情勢や企業の動向を見極め、常に賢明な取引を行うことが求められます。

株式の価格は、常に大きな変動を繰り返すものです。とくにベンチャー企業などは、株価が乱高下することも珍しくなく、ギャンブル性の強い性質を持っています。最初のうちは、このような銘柄に手を出すことは控えるべきです。むしろ堅実な成長や継続が望める会社を重視し、目先の利益にとらわれないことが、長期的な利益に繋がります。

ここで大切なのは、得をしようというより、損失を最小限度に留めようという考え方です。行動経済学において、コンコルドの誤謬という有名な言葉があります。過去に大きな話題を集めていたコンコルド社は、莫大な損失を抱えて倒産することになりました。実は、経営陣はこのまま運営を続けていても、損失が出るばかりということを把握していたのです。しかし、これまで投資してきたお金を惜しむあまり、事業を停止させるという判断ができませんでした。その結果、ずるずると負債は膨らみ続け、よりダメージは深刻化してしまいました。名だたる大企業でさえ、このような考え方に陥るものです。資産運用時には、勇気を持って所有している株式を損切りする覚悟が欠かせません。

また、デイトレードは大きな利益を見込める一方、リスクの高い行為でもあります。それは、取引を実行するごとに手数料がかかるため、頻度が高いほどコストが嵩んでしまうからです。まずは、安定した銘柄を保有して、中期から長期の計画を立てつつ、定期的に整理していきましょう。

luster lakeで金地金投資に興味が湧いた話

最近ふとしたきっかけからluster lakeという会社について知りました。金地金を売買している会社だそうです。金地金はテレビなどでたまに見かける金の延べ棒のことなんですが、そんなものを販売しているなんて金持ちくらいしか用がない会社だろうなーと思っていました。

後日友人にこんな会社があるらしいよと話したところ「俺そのluster lakeで金買ってるよ」と言われ世の中狭いと思うと同時に驚きを隠せませんでした。友人は決して(失礼な言い方ですが)金持ちではないですしそのような会社とは無縁だと思っていたので。
友人がluster lakeで金を買っているという話を聞いて一気に私の中でも興味が湧いてきたので、詳しく話を聞いてみると友人は金地金投資のためにluster lakeで金を買ったとのことです。投資といえばFXや株式がまず頭に思い浮かびますが、そのような投資方法もあるんですね。更に友人によると、金地金投資はFXや株式に比べて、価値が安定しているので投資としてやりやすいと話をしていました。

話を聞いていて金地金投資がかなり魅力的なもので友人がやり始めたというのは分かったのですが、それ以上に私はluster lakeという会社が気になっていました。詳しいわけではないですが、金地金を買える会社はluster lake以外にもあるのになんで友人はここで買ったんだろうかと。その点についても聞いてみましたが、喜んで教えてくれました。

金の価格というものは市場価格と諸経費と税金で決まるそうなんですが、luster  lakeは金産出国との繋がりを持っていて世界的なネットワークがあるため諸経費が掛からないそうです。また消費税分の8%も課税されないため国内で購入するよりもかなり安く買うことができるそうです。高品質なフォーナイン(というそうです)の金地金をどこよりも安い価格で購入可能なため、友人はluster lakeで買ったというわけですね。

FXや株式に全く興味がなかったので今まで資産運用について考えたこともなかったですが、友人の話を聞いていて少し自分も金地金の資産運用をやってみようかなと考え始めました。自分自身の将来のためにもなりますからね。まずはluster lakeに話を聞いて見るところから初めてみようかなと思います。

資産運用に用いられる不動産投資の種類について

不動産投資は一般の人にも馴染みが深く、通常、土地や建物を人に貸すことで資産運用を行います。不動産投資は資産運用の一環として利用されることが多く、大きな理由としてはリスクが少ない点があり、仮に失敗をしても物件だけは残ることになります。そのために投資手法としてはミドルリスクミドルリターンの範囲に入り、賃料によるインカムゲインと、売却によるキャピタルゲインの両方を求めることができます。

不動産投資による資産運用は大きく2つがあり、1つには物件を求めることで行う方法と、もう1つは物件を所有せずに行う方法があります。代表的なものとして物件を求める方法としてはマンション投資があり、求めないものとしてはREITを上げることができます。

それぞれに特徴があり、まず、マンションの場合には一棟まるごと購入をして運用する方法と、一部屋のみを購入し賃貸を行うワンルームマンション投資の2つがあります。特徴としては、一棟の場合には購入価格は高額になるものの、その分、多くの賃料収入を見込めることがあり、老朽化した場合などに改築や改装がしやすい点があります。一方、入居率が低ければ損失も大きくなることがあり、規模や立地条件によっては処分しにくいといった面があります。ワンルームマンションの場合には資産運用で初めて不動産投資を行う場合に向いています。最大のメリットは処分がしやすいことがあり、特に物件価格が上がった場合などではキャピタルゲインが得やすくなります。また、初期投資として資産を割り当てる額が少いこともメリットになります。

REITによる方法は、物件は購入せずに、運用会社に出資をすることで出資をすることで資産運用をすることになります。運用会社は投資家から資金を集め、ここでの資金や金融機関からの借入によって不動産の購入を行います。対象は各運用会社によって異なり、例えば、医療関連、物流関係、小売業関係、住宅関係など様々な分野があります。メリットとして利回りと売却の両方の利益が見込めることがあり、リスクとしては金利の変動による価格や分配金の減少、運用会社の上場廃止や倒産などがあります。