読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりと安定した資産運用をしたい人に

安定した資産運用をしたいならアパート経営をするのがいいかもしれません。大家になれば毎月入居者から家賃がもらえますし、入居者とのつながりができるので寂しくないというのがメリットです。

さらに嬉しいのが礼金でしょう。敷金は退去する時に返さなければいけませんがこちらは大家がもらうことができます、家賃よりも多い額をもらえますし結構大きな収益になるのがうれしいところです。

老後にまとまったお金が毎月入りますしゆとりのある生活をしたい人にはいいでしょう。

それでは入居者とコミュニケーションを取るのが得意でない人は資産運用にアパート経営を選んではいけないのでしょうか。

最近では経営を丸投げしてアパート経営をする方法もあります、不動産会社などが一括借り上げをしてくれるサービスもあるので空室に悩まされることもありませんしクレームの処理や修繕などもしてくれる場合もあります。家賃の回収も自分に代わってしてくれるのです。さらに入居者の審査や募集など多岐にわたって代行してくれるため大家は何もする必要はないのです、これなら人とコミュニケーションを取るのが苦手な人も安心して投資ができます。そもそも入居者と会う必要もありません。多く離れたところに暮らしていても経営ができます。

経営を丸投げする場合は家賃の一部や礼金を不動産会社に徴収されますが空室リスクがなくなることは家賃滞納も気にしなくてもいいということを考えると決して悪い条件ではありません。

アパート経営は初期投資がかかりますし万が一火事や災害にあったときのリスクが大きいので心配という方もいますがそれは対策出来ます。

まず初期投資に関してはある程度の資金がかかりますがそれ以外は家賃からローンの支払いができるため楽になります、火事や災害に関しても保険に入れば万が一の時も安心です。

最近では住居と賃貸物件を一緒にしたハイブリッド住宅もあるのでこれを建設するのもいいでしょう。