読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金不安による将来について、株式運用の提案

年金不安をよく耳にする昨今。定年後は何をしたいですか?旅行、趣味などに時間を費やすのもお金が必要です。

 

そんな中、年金での収入は高齢者層1世帯に月23万ですが、ゆとりのある生活を送るのは月34万も必要と言われています。そして老後の為に必要な蓄えは3000万必要なんです。そんな大金をどう貯めていくのか。毎月、3万を35年間、積立投資したら年率1%の場合、1509万。年率5%で運用した場合は3422万になります。アベノミクスの影響で今現在、投資デビューしてる方が増加している傾向があるみたいです。

 

アベノミクスとは大きく言うと大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略などあります。その影響を受け、投資経験のない人や20代、証券口座を持ってない投資ビギナーが投資デビューをしています。その半分以上の方の目的が将来の資産形成です。投資を始めた殆どの方は男性ですが女性で始める方も増加しています。平均的には月2.5万、積立銘柄数は3本が多いようです。株式投資にはリスクはありますがその分、リターンも多いです。それでも株は怖いので手を出せない方もいるでしょう。そういった場合はリスクを減らせば良いのです。1つの銘柄に投資すると大きな利益を生む可能性がありますが損失が出た場合マイナスが大きくなる可能性が高いです。また、購入に多額の費用が必要になります。ところが4つの銘柄に投資するとしましょう。そうすると1つがマイナスになっても、その損失を他の3つがカバーしてくれるメリットがあります。その分、1つあたりに投資している金額が少ないので大きな利益は生まれませんがリスクが減ることは間違いありません。

 

このようにリスクヘッジをはかることで、年金に頼りすぎず将来の資産形成を実現させることが出来ます。それには早めの行動が大事で短い期間でみると買った額よりも下がる場合がありますが、長い期間でみると買った額よりも上回る傾向があります。